スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆みんなありがとう★

更新がいつもの通り遅くなっちゃってごめんなさい
今日は、少し時間があるので更新させていただきます

えーーーーっと・・・・・・

BREXのみんなと日本一になることが出来ましたぁーーーーー
日本一という栄冠をみんなと掴むことが出来て本当に嬉しい限りです

小学校4年生からバスケを始めて、楽しいことも、悔しいことも、辛いことも、苦しいことも、色々経験してきましたが・・・どうしても「日本一」というタイトルを掴むことが出来ずにいました。
その時その時で、コートで毎日練習してきたメンバーは違うけれど、そうやってたくさんのプレーヤーとバスケを通じて出会ってきたから今の自分がいると思います。
一緒に汗を流し、同じ目標に向かい、一緒に笑ったり、泣いたり、時にはお互いのプレーのことについて言い争いをしたり・・・
そんな多くのプレーヤーたちが、今の自分の土台を作り上げてくれました。
監督やコーチにきついお叱りを受けたときでも、周りのみんなに言葉で元気をもらったり、プレーで魅せられて刺激をもらって、気持ちを奮い立たせてくれたり・・・
そして、大きなケガをしてコートに立ってプレーすることが出来ずに、僕に夢をたくしてくれた人もいます。

そうやって今まで数え切れないほどのプレーヤーと出会ってきましたが、そんなみんなにやっと伝えれます。

「日本一になれたよ!みんなありがとう!」って

そして、個人的に今回の日本一は自分の家族に捧げたいです。
両親は、僕がバスケを始めてから、どこで試合をやるにしても、仕事や大きな事情がない限り、自分の応援を最優先して応援にかけつけてくれました今でもそれは変わりません
今では、すっかりファンの皆様にも顔を覚えて頂いてるみたいで、すっかり有名になってしまっているようです

親父は、僕が小さいときにはミニバスで仕事の合間を縫って、コーチをやってくれてた時期もありました
そして、小中高と、ほとんどの試合をビデオに収めてくれてましたもちろん毎週やってた、スラムダンクのテレビ放送もね
試合が終わると、そのビデオを見るのが毎週末の日課でした
時には、ドでかい声のヤジも録音されてましたが・・・(笑)
そんな親父は、昔からバスケをする自分には多くは語らず、やりたいようにやれという感じに見守ってくれてます。
ただ、一つだけこれだけはよく言われてた記憶があります
「お前は疲れてくると肘が下がって、腕だけでシュートを打つから、疲れたときこそ膝を使え。」
その言葉こそが、もしかしたら今の自分のシュートの始まりだったかもしれません。

そして、おかんは今も昔も変わらず、大きな声を出して応援してくれます
今では、さほど気になりませんが、昔はそれが本当に恥ずかしくて、何回も声がデカすぎるからやめてくれと言ったものです(笑)
今でもだいたいどの辺にいるのかは声で分かります
そんなおかんも、自分のバスケに関しては、細かいことは言いませんでした
自分が育った、仙台の地から盛岡の高校に行くと言ったときも、じゃあ私が着いて行くよって。
バスケをやることに、どんなときも協力的でいつも優しく見守ってくれました。
今でも、僕が疲れてるっていうのを感じ取ってか、たまに電話くれます
そして親父は、たまにハートの絵文字を使ったメールを送ってきます(笑)

そして、兄貴もいつも大きな大会があると、メールくれたりと気使ってくれます
実は兄貴は中学の頃、今三菱ダイヤモンドドルフィンズキャプテンの柏倉さんと同じ中学でプレーしてました(ちなみに僕もミニバスや仙台にいた中学も後輩にあたります
そんな兄貴のプレーを見てか、自分もいつしかバスケがしたいと思うようになってました
一緒にバスケをしたのは何回かしかないけど…なにもやらせてもらえなかった気がします
あっでも当時はね(笑)
そんな彼も日本一を目指す、自分をいつも気にかけてくれてました
歳が6つ離れてることもあり、ほとんどケンカすることもなく、いつも可愛がってくれてます。

そんな家族と共に目指してきた日本一をやっと、やっっっと掴み取ることが出来ました

そんなみんなに多分見てると思うからこの場を借りて、報告させていただきます。

「いつも、どんなときも、俺を支えてくれてありがとう。バスケを始めてから、何度も挫折しそうになった俺を助けてくれてありがと。
 たくさん迷惑かけてきて、ちょっと時間はかかっちゃったけど、みんなの気持ちをいつも忘れず、親父とおかんが教えてくれたみんなに感謝する気持ちを忘れず、やっとの思いで掴んだよ。
 今の最高のチームメイトに出会え、たくさんの先輩たちにもまれて、やっと1番高いとこにたどり着けました。
 生まれて初めてもらった、金メダルは思ったよりも重たいよ!あとで、ちゃんと届けるからね
 本当に今まで、たくさんの応援、サポート、そして思い出をありがとう。また次の目標に向かって頑張ります!!
 本当にありがとうございました!!!」

                                                              卓也より。



そしてBREXを応援してくれた方々、本当にありがとうございました
毎試合、ホームゲームはコートだけではなく、観客席も熱くてすごかったぁー
B-rAidsの方々を筆頭に、会場はいつも活気MAXでした!!
いつもやりがいのある、雰囲気を作ってくれた皆様に本当に感謝しています!

※ちなみに、みなさん!BREX公認サポーターグループの「B-rAids」の意味って知ってますか??
多分知らない方も多いと思うので、ここで一発紹介しておきます!!って違ってたらどうしよ(笑)

    B→Break Through
     r→波紋
   Aid→応援

なんですよみなさんOKですか??
いつも立って、メガホンで熱く応援してくれてました本当に力強かったです
そして、彼らの声に合わせて会場で応援してくれた皆様、ホントにありがとうございました
あの会場での毎試合の大声援は忘れません

間違いなく皆様が・・・・・・・・日本一のファンだと思います

これからも熱くBREXの応援よろしくお願いします



今後はオフになって試合はありませんが、いろんなイベントもあると思うので、ぜひそちらのほうも楽しみにしててくださいね

では、最後になってしまいましたが・・・・・・・


皆様、本当にありがとうございました

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。